鎮痛剤を飲まないと生理痛は減少しないの?

女性にとって、毎月必ず来る生理は、とても憂鬱です。生理痛があまりひどくない人でも、生理中は憂鬱になるものですが、生理痛がひどい人は特に辛いものです。
中には、毎月生理が来るたびに鎮痛剤を服用する人も少なくありません。
鎮痛剤を飲まないと我慢できないほどの痛みならば、無理して我慢せずに鎮痛剤を服用しても良いでしょう。
ですが、鎮痛剤を飲まずに痛みを減少させる方法があれば、その方がいいですよね。
そこで、再度鎮痛剤に頼らずに生理痛をやわらげる方法をいくつか紹介します。
毎月生理痛に悩んでいる人は、是非試してみることをおすすめします。
ストーブなどで体を温めている女性まず、生理痛の大敵は冷えです。身体が冷えることによって血行が悪くなり、痛みがひどくなる場合があります。
なので、血行を良くするために、生理中に限らず日頃から身体を冷やさないための工夫をしておくことをおすすめします。
レッグウォーマーや腹巻の着用や、ブランケットの使用も良いでしょう。
血行を妨げることのないように、締め付けのきつい服装などは避けた方が良いでしょう。
痛みがひどい時には、下腹部や腰にカイロを貼るのもおすすめです。
また、血行を良くする方法として、適度な運動も有効です。
身体をリラックスさせるためにも、あまり激し過ぎる運動よりは軽く身体を動かす程度にしておいた方が良いでしょう。
ストレスも、生理痛には大敵です。最近では、仕事や色々なことが原因で、知らず知らずのうちにストレスを溜めている人が少なくありません。
ストレスを完全に無くすことは無理かもしれませんが、少しでもストレスを減少させるように、自分なりの息抜きやリラックスの方法を見つけることも大切です。
生理痛がひどい人にとって、生理痛は毎月来るものです。
出来るだけやわらげる方法を見つけて、毎月を快適に過ごせるといいですね。