生理痛期間に食欲は減退するのか

生理痛が長い期間続くと、体調もすぐれないし気分も下がりがちですよね。
食欲がない女性生理前は異常な食欲が発生していたのに、いざ整理期間になると食欲がすっかり減退してしまうケースも多いです。
これにはホルモンバランスが大きく関与しています。
生理前はプロゲステロンというホルモンが身体に栄養を与えようと働くため、どうしても食欲がでかちです。
ですが、妊娠しないとそれに備えていたプロゲステロンは減少します。
そして子宮内膜が剥がれて月経が始まるのです。
この時に子宮内膜が炎症を起こすため、身体に不快感があらわれたりします。
食欲減退もそのひとつです。ですが、食欲がなくとも栄養はとらないと体を壊してしまいます。
食事量を減らしたことにより栄養バランスが崩れると、ホルモンバランスも乱れてしまいます。
すると、月経時の不快感は倍増し負のスパイラルとなってしまうのです。
少しずつでもいいので、玄米や野菜など多くの栄養素を含む食材で栄養をとっていきましょう。
また、特にこの時期に摂取してほしい栄養素があるので挙げていきます。
まずは、鉄分です。生理中は特に貧血になりやすいので、ほうれん草やチーズ、レバーなどを積極的に食べるようにしましょう。
ビタミンEも生理中には欠かせない栄養素です。アーモンドやナッツ類、落花生にも豊富に含まれています。
生理中の不快感やイライラを和らげてくれる働きがあるので、生理中のおやつにはナッツ類を食べるのがおすすめです。
また、血行を良くすることで食欲減退を改善したり痛みを和らげたりすることができます。
血行促進効果のあるマグネシウムも積極的に摂取することが大切です。マグネシウムは、ひじきの煮物や大豆に豊富に含まれています。