生理痛を我慢しすぎると子宮の病気に気づけない

毎月の生理に伴う生理痛は多くの女性が悩んでいて、特に開始直後の数日間は激痛があったり目の前が真っ暗になって倒れてしまうくらいの痛みで日常生活が困難になる人もいるほどです。
鎮痛解熱剤を服用したり腹巻やカイロ、湯たんぽなどを使っておなかを温めれば何とか対処できるので、我慢して生活している女性がほとんどですが、あまりにも痛みがひどいときは我慢しすぎると重大な病気を見逃してしまう恐れもあるので注意が必要です。
病気になった子宮生理痛の痛みは下腹部がズキズキしたり押されるような感じの不快感が続くのがほとんどです。
放置していても平気なくらい軽い人もいれば、立っていられないほど重い人もいます。
中にはこの痛みが生理前や生理が終わった後も続く人もいて、生理痛だと思ってそのままにしておくと実は子宮の病気だったり内臓系の別の病気が隠れている場合もあるので、不自然な痛みがずっと続いていたり、日常生活に支障が出るほど痛みがひどい場合には婦人科クリニックに行って調べてもらうようにしましょう。
クリニックでは病気の検査のほかに生理周期や生理痛に関する相談もできるので、痛みを緩和するための方法も教えてもらえます。
特に生理不順で将来妊娠を望んでいる人や、閉経間近でひどい痛みのある人などは専門家の意見を聞いて対処することが大切です。
毎月のことだから何とか我慢していれば治ると思っていると、実は別の病気が潜んでいて悪化してしまうこともあるので自分は生理のとき痛みがひどかったり周期がおかしいと感じたら早めに婦人科を受診するようにしましょう。
恥ずかしいと思っても、相手は専門家なので親身になって話を聞いてもらえます。どんな小さな悩みでもまずは相談してみましょう。