生理痛の原因、スーパーオキシドにおすすめのものとは

排卵に向けて女性の体内で子宮内膜はどんどん厚くふかふかになり、ベッドとしての役割を果たせるようになります。
しかしながら、受精卵が着床しなければそのベッドは不要です。そのため血液と一緒に子宮の外に排出されます。これが生理です。
内膜や血液をしっかりと外に出すために子宮は収縮を行ないます。
そのために必要なのがプロスタグランジンというホルモンなのですが、痛みを感じやすくしたり炎症を引き起こしやすいホルモンでもあるため生理痛に苦しむ人も少なくはありません。
このプロスタグランジンの分泌量が少なければそれほど痛みはありませんが、冷えにより滞った血液と一緒に子宮に溜まってしまったりホルモンバランスの崩れで過剰に分泌されてしまうと生理痛の症状も悪化します。
子宮内に増えた活性酵素の影響で過剰分泌が起こることもあります。スーパーオキシドも活性酵素の一つ。痛みの原因となっています。
スーパーオキシドを退治するには抗酸化作用があるものを摂取するしかありません。
ルイボスティーのイメージそこでおすすめなのがルイボスティーなのです。抗酸化作用があるだけでなく、温かいルイボスティーを飲むことで冷え予防にもなり血液のめぐりも良くなります。
生理痛の元となるプロスタグランジンが子宮内に留まるのを防いでくれるのです。
その他にもポリフェノール食材も抗酸化作用が強いです。
これらの食材をうまく普段の生活に取り入れることで、毎月のように訪れる生理痛をうまく緩和させるようにしましょう。
冷えは他のトラブルの原因ともなります。不妊のためにも健康のためにも冷えを防いでやることも大切です。
それに、活性酵素を減らすことで健康で美肌を手に入れることにもつながってきます。