生理痛に効果的なエチニルエストラジオール配合薬とは

生理痛の薬のイメージエチニルエストラジオールというのは卵胞ホルモン・エストロゲンの一つです。エチニルエストラジオール配合薬には黄体ホルモン・ノルエチステロンも配合されており、生理痛改善に効果がある薬として処方されるのです。
中用量ピルに属しています。
脳に作用して体のホルモン量を調整したり、卵巣や子宮に作用して痛みの元になる成分をあまり生み出さないよう産出量を抑えてくれるため痛みは緩和します。
生理の際の痛み改善だけではありません。頭痛や吐き気といったその他の身体症状やうつ・イライラなどの精神症状も軽くすることができます。
それ以外にも、子宮内膜症の治療薬として・避妊のための薬として処方されることもあります。
男性ホルモン・アンドロゲンの働きを抑える作用も持つためアンドロゲンの働きで増殖が促進される前立腺がんや閉経後の末期乳がんの治療に使われることもありますし、男性の脱毛症に対して育毛効果アップしたり、更年期以降の女性の髪のハリツヤアップにも効果があります。
女性ホルモンを補ってやることでさまざまな症状の緩和につながるのです。
ただ、肝機能の低下・食欲不振などの副作用の危険性もあります。
育毛効果を求めて男性が服用する場合は性機能障害を引き起こす可能性もありますし、男女を問わず血栓症により心筋梗塞や視力低下などの重篤なケースが起こった例もあるため、医師の処方箋の元、用法用量を守って利用することをおすすめします。
服用と休薬を繰り返すことで効果を得るため、正しい飲み方が必要です。
女性ホルモンの作用を活かして美容関係でも用いられることもあります。
美白やニキビ改善、バストアップなど女性らしい美しさを保つためにもエチニルエストラジオールは活躍しているのです。