生理痛が重くなる?更年期の生理周期をずらすには

子宮の断面図女性は更年期になると閉経に向かって、生理の状態が不安定になっていくようになります。
更年期になって生理が安定しなくなってしまうのには、卵巣の機能が低下していっていまうためです。
女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの分泌量が少なくなり、排卵もスムーズにされなくなるので生理の周期が一定でなくなってしまいます。
ホルモンの分泌や排卵に支障が出るようになるので、更年期は生理痛が重くなってしまうことも多くなります。
生理の問題で一番困るのは、次にいつ来るのか分からなくなってしまう点にあります。
用事がある際に生理が来てしまう可能性もあるので、外でいきなり出血してしまう恐れがあります。
安定させるには自然ペースでの不安定な周期をずらすことであり、ピルなどのホルモン剤を利用することが効果的です。
ホルモン剤は主に避妊薬に使われるものですが、生理を安定させる作用も持っています。
ピルはエストロゲンやプロゲステロンに似たホルモン成分が配合されているので、卵巣の排卵機能や子宮の内膜機能に働きかけることをしてくれます。
ピルを使うことで更年期によるホルモンバランスの乱れも改善され、不安定な周期から安定した周期へとずらすことができます。
ホルモン入りのピルを服用すると、生理痛が軽くなるというメリットもあります。
生理痛はホルモンバランスの乱れによる冷えで重くなりやすいですが、ピルでホルモンの分泌量が良くなることにより痛みも緩和されるようになります。
子宮内膜症や子宮筋腫の症状がある人も、治療方法としてピルは効き目があります。
内膜に働きかけるので服用するうちに、症状が治まることも期待できます。
ピルは医療機関で処方されるので、悩んでいるのなら医師に相談しましょう。