ウコンと大豆で生理痛を軽くしよう

女性には毎月必ず生理がありますが、この期間にある生理痛は人によってはとても重いものとなります。
生理痛が起こる原因の一つとなっているのが、プロスタグランジンという物質です。
この物質が通常の量よりも体内で多く分泌されてしまうと、激しい痛みが出てしまうようになるのです。
プロスタグランジンが過剰分泌されてしまうようになるのは、体温の低下や精神的ストレスの蓄積が関係しています。
現代人は運動不足などで冷えになりやすく、職場や家庭の人間関係でストレスを感じやすくなっています。
生理時に強い痛みがないようにするには、冷えとストレスを緩和させることが効果的な方法となります。
おすすめの物としては、大豆とウコンを積極的に摂ると良いです。
大豆大豆は女性ホルモンに似たエストロゲンが含まれている食材なので、体のホルモンバランスが整うというメリットがあります。
ホルモンバランスが良好だと、血行が促進され体温も上がりやすくなります。
ホルモンは生理を安定させる効果もあるので、生理不順がある人には良い食べ物です。
注意点として摂り過ぎるとホルモンが増えすぎるので、生理痛や出血量が増えてしまう恐れがあります。
1日70g前後を目安に、食べ過ぎないようにします。
ウコンは体温を上げる食材として知られる生姜の仲間であり、冷えの改善に大きな効果が期待できます。
糖質の分解やコレステロールの抑制の作用もあるので、成人病が不安な人はこれで予防も可能です。
ウコンは血液をキレイにして体温を上げるので、動脈硬化などの予防にもなります。
大豆やウコンはそのまま摂ると食べにくいので、豆乳やお茶などで摂ると良いでしょう。
適量の摂取を心がけることで、悩みの生理通も緩和されていきます。